ぎっくり腰は突然にやってくる

仕事柄重いものをよく持ち、持ったまま移動し床に降ろす事が多かったのですが、腰痛には無縁でありました。学生の頃スポーツをやっており身体的にはかなり自信がありました。しかしそこが落とし穴だったのです。

 

ある日、重い荷物を何気なく中腰状態から持ち上げようとした時、腰に突然「ピキピキ」と音が鳴ったと同時に腰の力が抜けその場で四つん這いになりました。

 

間髪入れずに痛みが襲いその場から動けず同僚の肩を借りすぐさま病院へ行きました。結果はぎっくり腰でした。安静が一番だと診断されシップを処方してもらい痛みが治まるまで何もできず歯がゆい思いをしました。

 

ようやく回復に向かい仕事ができるようになって同僚から「治ったらマッサージに行ってほぐしてもらえばいいよ。」と教えてもらい理由を聞くと「腰の周りの筋肉が硬直していると動きが悪くなり無理な負荷がかかるので筋肉をほぐしてもらうことで筋肉がクッションの役目になるから。」と返事が返ってきました。

 

すぐさまマッサージへ何度か通いほぐしてもらってからはぎっくり腰はなくなりました。現在も定期的にマッサージを受けています。